草賀大使の南オーストラリア州公式訪問

 草賀大使は、8月29日から31日まで、南オーストラリア州(南豪州)を公式訪問し、アデレードにおいて、ヒュー・ヴァン・レイ州総督やジェイ・ウェザリル州首相をはじめとする州政府関係者、在留邦人等の日系コミュニティーなど、多くの方々と意見交換を行いました。また、8月30日に訪問したポート・リンカーンにおいては、日本へも輸出される鮪や鮑、牡蠣等の加工・販売を行う工場や、生態を研究する施設を視察し、同市と日本の経済的関係性について、水産業に携わる関係者やブルース・グリーン市長と意見交換を行いました。

 大使は、この度の公式訪問を通じて、今年で23年を迎える岡山県と南豪州の姉妹州・県関係、魚介類に代表される両国間の輸出入による強固な経済関係、更には教育やイノベーションの分野における協力の重要性への理解を深めると共に、同州と日本の強固なパートナーシップを再確認し、今後も更なる関係強化を図っていく必要があることを再認識しました。今回の訪問を踏まえて、日本と南豪州との一層の連携強化に向けて、引き続き努力していく考えです。
 

州総督邸訪問

州首相表敬

アデレード大学訪問

アデレード市長表敬
Defence SAのCE表敬

州教育省次官表敬
州上院議長表敬

多文化問題大臣表敬
在留邦人と面会
魚介加工施設視察

ポート・リンカーン市長との意見交換

ポート・リンカーン視察

州開発省関係者との意見交換

首相府低炭素社会局長との意見交換

医療施設視察

州国防産業大臣等との意見交換

多文化局長との意見交換

アデレード大学教授との意見交換

アジアン・アート学芸員と歓談