天皇誕生日レセプションの開催

11月29日、大使公邸において、天皇陛下の誕生日を祝うレセプションを開催しました。本年のレセプションには、マイケル・ダンビー下院議員、ケン・ワイアット下院議員、及びドン・ファレル上院議員、連邦政府関係者、各国大使、大学関係者、日系企業関係者、日系コミュニティ代表など約650人が参加しました。

草賀大使は挨拶の中で、展示等にご協力いただいた日本企業への謝意とともに、本年は日豪友好協力基本条約署名40周年であること、昨年の日豪EPA発行によって目に見える効果が見られること、日豪は安全保障やTPP等においても協力を進めていること、日豪首脳はターンブル首相就任後何度も会談が行われてきたこと、早期の総理訪豪が期待されること、さらに、明年は日豪通商協定60周年であり、これが日豪関係の更なる強化の機会となることを期待している等を述べました。

本年のレセプションは、公邸内での企業展示、館員等による少林寺拳法、剣道及び柔道のデモンストレーションを行ったことに加えて、セレモニーにおいて当地ケイリーン小学校で日本語を学んでいる生徒による両国国歌の斉唱等を行う等、盛りだくさんのプログラムとなりました。また、公邸内の日本庭園をゆっくり楽しんでいただくとともに、屋台を出してすしやラーメンなどの食事、日本酒等の飲み物の提供を行った結果、多数の参加者の方から感謝の言葉が寄せられました。
 

​草賀大使スピーチ
 
ファレル議員スピーチ
 
 
 
少林寺拳法デモンストレーション
 
剣道デモンストレーション
 
柔道デモンストレーション
 
両国国歌を斉唱する
ケイリーン小学校の生徒
ハイテク技術を用いた
インタラクティブロボットの展示
燃料電池車など、最新の日本車の展示
 
​日本酒の試飲