草賀大使の北部準州公式訪問

 草賀大使は、2017年2月16日から19日まで、北部準州を公式訪問し、ジョン・ハーディー行政官(注:州総督に相当),マイケル・ガナー首席大臣(注:州首相に相当),カトリーナ・リム・ダーウィン市長をはじめとする北部準州の要人との意見交換を行いました。また、第二次大戦中にダーウィン沖で沈没した伊号124潜水艦の慰霊碑除幕式,ダーウィン空爆75年追悼式典,USS Peary追悼式に日本政府を代表して参列しました。更に,ダーウィン港,クナワラ海軍基地,チャールズ・ダーウィン大学等の視察や日本人墓地における献花を行いました。
 
  この度の公式訪問を通じて、液化天然ガスに代表される両国間の貿易を通じた強固な経済関係、本年1月の安倍総理の訪豪時に行われた北部準州と農林水産省による協力覚書の署名を踏まえた食料安全保障における協力の重要性,更には日本と北部準州の強固なパートナーシップが再確認されるとともに、今後も更なる関係強化を図っていく必要があることが再認識されました。今回の訪問を踏まえて、日本と北部準州との一層の関係強化に向けて、引き続き努力していく考えです。

 
ダーウィン港視察 クナワラ海軍基地視察
チャールズ・ダーウィン大学視察 ハーディー行政官表敬訪問
ガナー首席大臣表敬訪問 リム市長表敬訪問
海王丸寄港記念碑除幕式 伊号124潜水艦慰霊碑(銘板)除幕式
日本人墓地献花       
  戦争博物館視察
空爆記念碑視察 USS Peary追悼式
ターンブル首相との立ち話
 
北部準州豪日協会関係者及び伊号124潜水艦ご遺族との記念撮影