髙橋大使離任挨拶

2020/12/10
髙橋大使夫妻
豪州大使として約2 年に及ぶキャンベラでの勤務を終え、12月末に東京に帰国することになりました。この場を借りて、滞在期間を通じて皆さまから頂いたご支援・ご協力に対し御礼申し上げます。
 
任期中、日豪関係は目覚ましく発展しました。この進展の多くは、安倍前総理とモリソン首相が日豪関係に大きな価値を見出したからこそ達成できたものであり、菅総理も同じお考えです。
 
任期中に大都市から地方の町を含めて豪州全ての州・準州を訪問する機会に恵まれました。今までにお会いした多くの豪州人に示された寛容さと優しさに感激しています。豪州を去ることは寂しく思いますが、豪州のおもてなしを経験できたことは非常に幸せなことでした。皆さまとの友情を引き続き育んでいくことを楽しみにしています。
 
後任の山上信吾は年末までにキャンベラに到着する予定です。後任に対しても変わらぬご支援・ご協力を承れますようよろしくお願い致します。