ミコラ・クリニチ駐豪ウクライナ大使(前駐日ウクライナ大使)に対する勲章伝達式

 12月9日、大使公邸において、本年11月3日に旭日重光章を受章したミコラ・クリニチ駐豪ウクライナ大使(前駐日ウクライナ大使)に対する勲章伝達式を行いました。同伝達式には、クリニチ大使夫人、クリニチ大使が親交を有する駐豪各国大使、豪州ウクライナ団体連合会長等が出席しました。
 
 クリニチ大使は1994年から1998年まで在京ウクライナ大使館に勤務し、その後、2006年から2013年までは駐日ウクライナ大使を務めました。クリニチ大使は、ウクライナ外務省随一の知日派外交官として日本・ウクライナ間の関係強化、友好親善及び相互理解の促進に寄与し、今回の叙勲はこのような功績が認められて行われたものです。
 
 式典に於いて、草賀大使から、2011年に発生した東日本大震災における支援を含むクリニチ大使の日・ウクライナ関係に対する多大な貢献を讃えるとともに、今般の式典を契機に日豪ウクライナ三か国の関係が一層深化することへの期待を述べました。クリニチ大使から、今回の受章は自分自身のみでなくウクライナにとっても大変光栄である旨述べるとともに、1994年の在京ウクライナ大使館着任時や東日本大震災時の回想、草賀大使、クリニチ大使夫人等の関係者への謝意、今後の日ウクライナ関係への更なる貢献への意欲が述べられました。