大使プロフィール

草賀純男(くさか・すみお)駐豪特命全権大使は、外務省における37年間の勤務の中で様々なポストを経験してきました。

豪州に着任する前は、在ニュー・ヨーク総領事(大使)(2013~15年)、外務省儀典長(大使)(2012~13年)、アフリカ審議官(大使)(2010~12年)を務めました。

草賀大使はこれまで、財務省副財務官(2004~06年)、外務省経済局審議官(2006~08年)など外務省及び財務省において経済関係の主要なポストに就いてきました。経済局審議官時代には、豪州及びインドとの二国間経済連携協定交渉を総括する立場にありました。

海外ではこれまで、豪州(1981~83年)、カナダ、タンザニア、ボストン、ワシントンDC、在英国大使館次席公使兼在ロンドン総領事に勤務してきました。

1953年生まれ。中央大学(日本)で法律の学位を、またスワスモア・カレッジ(米国ペンシルバニア州)で経済の学位を各々取得。また、1999年から2000年にかけて米国ハーバード大学の国際問題研究所のフェローを務めました。